9日悔しい

宇宙仁(三浦仁)のロシアでの試合をライブ中継でみました。

昨日の計量後のリカバリーも完璧にやってくれました。

戻す体重も予定通りの体重まで戻りました。

試合当日の食事のタイミングとサプリメントやドリンクのタイミングも全て指示通りやってくれました。

これで、スタミナや動きが悪ければ全て自分の責任です。

彼は、100指示通りにやってくれたので。

あとは、祈るだけ。

試合は、判定1-2で負けてしまいましたが、内容は勝ってたと思います。

入場から良い表情で、落ち着いてセコンドの指示通り動いていました。

相手選手のスタミナが切れて宇宙仁はスタミナ切れず。

前回の試合で、スタミナ切れたので走り込みの量を増やして下半身のバネを強化。それが良かったのかな。

サーキットトレーニング(スタミナ)にするか、ウェイトトレーニングにするか考えましたが、今回は1階級上で戦うのでパワーを向上させる目的でウェイトトレーニングを優先しました。

1階級上の試合で難しいのが体重設定です。

無理に増やすとスタミナのロスとスピードが遅くなる傾向があります。

今回も、本人にメリットとデメリットを理解してもらい、話し合いでいつもと同じ体重まで戻すように決めました。

スタミナ、スピード、パワー、コンビネーションの平均値が1番高いのが、kgオーバーだったので、普段のスーパーバンタム級と今回のフェザー級との差がプラス18kgオーバーなんですが、それに惑わされずベストなパフォーマンスを出せる体重にしました。

戦略によっては普段より体重を増やしてパワーアップを狙う作戦もありましたが、選手本人が足を使うボクシングをやりたいと言ったので無理に増やさず動き重視にしました。

水抜き量と食事量もフェザー級に合わせて、少しアレンジして変えました。

本人が、試合直後に電話で連絡くれたので軽く話しましたが、帰って来てからフィジカル面の反省会をしたいと思います。

ここまでが、永末式フィジカルトレーニングの仕事です。

こんな感じで、選手とコミュニケーション取りながらメニュー作成をしています。

決して自分の独断で押し付けてはいません。

彼がロシア入りしてから、彼がいつ連絡してきても大丈夫なように毎朝4時半(現地時間の0時30分)まで起きてたので今日はゆっくり寝ます。

そして今、彼とのメールのやりとりでまだ寝れそうにないですが。

このバンダナはCREED商品です。

10枚しか作ってないので、少高めの値段ですが、どうでしょう。

カッコイイでしょ。

広告を非表示にする