涙の不調は老け顔になる?!

こんにちわ、一ノ瀬です。

本日の話

涙の不調は老け顔になる?!

本日は現代病とも言われるドライアイ

実は老け顔の原因にもなる

特に夏場は紫外線や冷房の使いすぎで、

涙が乾きドライアイになりやすい季節なのです。

冬は季節的にも乾燥するし、

湿度が低くなるので理解できるのですが、

夏もですか!とは意外でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目に潤いがなくなることで若しさが失われる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

涙の不足

涙の不安定

目の疲れやゴロゴロ感

かすみ目

目の充血など

ドライアイ

つまり

涙の不調は目の不調に関係している。

たとえば

目は表情や印象を決める大切なバーツ。

そのため、

目のきらめきがないと

若しさが感じられない。

暗い表情になりがちになる。

つまり

少女漫画のようにうるうるした瞳が、

生き生きして見えるのは、

涙効果なのです。

つまり

ドライアイの人は、

無意識のうちに目を細める。

なので

眉間にシワを寄らせていることが多い。

これが印象を悪くしている表情の一つなのです。

ドライアイは加齢による涙の減少もある。

しかしながら

目を酷使する生活などで減少することもある。

加齢ならいいやとは思ってはいけない!

ーーーーーーー

目の健康に欠かせない要素

ーーーーーーー

涙と量と質

涙はまばたきごとに、

目の表面に均一に運ばれる。

古いものは鼻の奥に排除される。

つまり

ただの水のように見えますが、

目に必要な栄養分を運んだり、

細胞を老化させる原因である活性酸素を取り除く。

なので

目の働きに重要な働きがあるのです。

1病原菌と戦う

目に入った細菌やウイルスと戦う、

感染から守る。

2ゴミを流す

目に入ったゴミやアレルゲンを洗い流し、

目の清潔を保つ。

3栄養分を運ぶ

涙に含まれるビタミンAなど

栄養素を目の表面に運ぶ。

活性酸素を取り除く

目の表面にある活性酸素を取り除き、

日焼けによる炎症を防ぐ。

5ピントを結ばせる

レンズとして目に入る光を

最初に受け止める。

ピントを結ばせる。

ドライアイを放置しておくとどうなる?

ーーーーーーーーーーーー

視力低下、肩こり、頭痛などをまねく

ーーーーーーーーーーーー

健康な目は涙で覆われている。

表面が滑らかです。

しかしながら

涙の量や質が不安定になると、

涙の層が凸凹になり、

ものが見えにくくなる。

なので

視力低下や目の疲れにつながる。

それが慢性化すると肩こりや頭痛を招く。

なので

集中力の低下

ストレスを招く。

なので

日常生活に支障をきたす。

最新の抗加齢医学学会の報告では、

ドライアイの人には、

うつ症状や睡眠障害を抱えている人が少なくない。

そこで

とあるレシピを朝から飲んだりすると

あれお目目がいいじゃんでした。

ーーーーーーーー

冷房の風、紫外線による日焼けが影響

ーーーーーーーー

夏は冷房の風が当たったり、

紫外線で目が日焼けしたりする。

すると

涙が不安定となると、

ドライアイとなる。

たとえば

海水浴に行くと目が赤くなっている人がいる。

日焼けによる炎症により、

ドライアイを引きおこしている。

涙のサーカディアンリズム日周リズム

涙には夜になると昼間よりも分泌量が減る。

夜更かしをすると目を酷使することになる。

なので

夜更かしはドライアイとなる。

他の原因としては

パソコンエアコンコンタクトレンズ

3コン

三大要因と呼ばれている。

つまり

オフィスワーカーの3人に1人がドライアイ

しかも

座りっぱなしによる

セデンタリーライフスタイル

緊張時に働く交感神経が活発になり、

涙の分泌量を抑えてしまう。

なので

酸素や血液など巡りも悪くなる。

世界が注目!

バイオレット光で、近視予防。

ーーーーーーーー

アイラインは目に良くない?

ーーーーーーーー

女性の化粧には欠かせないもの。

まつげの内側にするのは避けて、

夜はしっかり洗い流す。

つまり

目のえんにある油を出す

マイボーム腺をふさぐ原因となる。

ドライアイの原因となる。

たとえば

マイボーム腺が詰まる。

油の分泌がとどこおる。

涙が蒸発しやすい状態になる。

また洗い流しが不十分だと、

汚れがたまってしまう。

なので

ものもらいが起きやすくなる。

目元の不衛生な人は

ドライアイやものもらいになりやすい。

目に良い栄養素は食材でとりれて行きましょう!

ーーーーーーーー

抗酸化物質のルテイン

ーーーーーーーー

ルティンやアントシアニンなど

抗酸化物質には老化の原因となる活性酸素から

細胞や組織を守る働きがある。

なので

ドライアイにもオススメです。

抗酸化物質の多くは、

野菜や果物に含まれている色素成分。

なので

カラフルなものを意識して選ぶ。

ルティン網膜を保護

ほうれん草、人参などの緑黄色野菜

アントシアニン視機能をサポート

黒豆、ブルーベリーなどのベリー類。

腸内環境が整うと、

ドライアイが改善する可能性があることが明らかになった!

夏もドライアイ対策が重要!

ドライアイごときで?!

老け顔にはなりたくない!

最後まで読んでいただきありがとうございました。